行政書士 安田一登 – Yasuda Kazutaka –

ご挨拶

当サイトをご訪問いただき誠にありがとうございます。

行政書士の安田一登です。

平成23年度の行政書士試験に合格し、平成24年4月15日より行政書士として独立、開業いたしました。

10年間IT業界でWEB系のエンジニアをしておりましたが、業界を変え法律事務所へ転職しました。

法律事務所で事務員をしながら、2年半の勉強の後、行政書士試験に合格いたしました。

皆様にとって一番身近な問題である、遺言・相続の案件を法律事務所の事務員としてお手伝いさせて頂きました。

行政書士が関われる分野以外でも適正な専門家を責任を持ってご紹介いたしますので、お気軽にお電話ください。

安田一登

略歴

昭和51年6月29日、東京都新宿区にて三人兄弟の長男として生まれる。

二歳の時、父の転勤に伴い祖父母の待つ沖縄県の普天間飛行場で有名?な宜野湾市へ引っ越し高校卒業まで育つ。

教会附属の幼稚園で絵を描き、粘土をいじりながら自由に過ごす。

小学生になってもインドア志向は続き、絵や版画で県のコンクールに毎年入賞、年平均240冊の読書に勤しむも、息子がインドアすぎることを心配した父親に剣道の道場に送り込まれる、学習塾は二ヶ月で音を上げる。

中学生になり、先輩におだてられ柔道部に入ってしまう、南国での柔道は暑くて大変でした。運動に向かないことを痛感し、学習塾へ入ることを志願、勉強に集中する。

高校は念願の昭和薬科大学附属高等学校へ無事入学、高校生活を謳歌しすぎる。

大学受験では一浪の後に日本大学法学部に入るも、バスケとバイトに励みすぎ、学問を疎かにする。

就職は当時景気の良かったシステム業界へ、当時急速に発展しつつあったWeb関連の技術者として10年で五社を渡り歩く。

職歴

品質管理アプリケーション開発を通じシステム開発の品質管理手法を学ぶ。

日本初のWebショッピングモールの保守に従事、Webの可能性を確信する。

開発開発また開発でWeb系開発言語を一通りマスターする。

中国開発子会社と大手ITベンダー間のブリッジSEを任され管理スキルを身につける。

Webマーケティングを開発側から支援、マーケティングスキルをプラスする。

順調にキャリアを積み上げるも、今までとは畑違いの法律事務所へ転職、主に、相続・遺言関連の業務を任される。

一念発起し行政書士試験の受験を決意、二回の不合格を乗り越え行政書士試験に合格。

平成24年4月15日、事務所を開設。

わたしは、浮き沈みの激しい人生を過ごしてきました。

行政書士試験も二回、不合格の悔しさを味わいました。

無事に開業はしたものの、現在も、一経営者として悩みは尽きません。

だからこそ、皆様のお悩みにも共に考え、お力になれる、お力になりたい!と考えております。

『何か気になることがありますか?』

まずはお気軽にお電話ください。

主な所属団体

日大法学部バスケ部OBチーム(毎月2回活動中!)

価値と事実研究会会員

事務所概要

■事務所名称
行政書士 安田一登事務所
■代表
安田一登
■設立
2012年4月15日
■住所
〒102-0084

東京都千代田区二番町11-7 住友不動産二番町ビル3F

■登録番号等
日本行政書士連合会 登録番号 第12080657号

東京都行政書士会(千代田支部所属)第9011号

登録・入会年月日 平成24年4月15日

■TEL
080-4201-4355
■FAX
03-6745-4937
■e-mail
kazutaka@yasuda1taka.com
■URL
http://www.yasuda1taka.com/

アクセスマップ